2007年08月20日

着陸後に燃料漏れ引火、国交省調査で判明…中華航空機炎上

 那覇市の那覇空港で20日、着陸・駐機後に爆発、炎上した中華航空120便=ボーイング737―800型機、猷建国機長(47)=は、右主翼下のエンジン付近から燃料が漏れ出し、引火していたことが国土交通省の調べでわかった。

 事故機は2002年7月に製造された新型機で、国交省航空・鉄道事故調査委員会では、燃料タンクからエンジンに燃料を供給する管に不具合が起きていた可能性があるとみて、本格調査に乗り出した。

 国交省などによると、同便は日本時間の午前9時23分に台北を離陸し、同10時27分に那覇空港に着陸した。管制官の指示で空港北側の駐機場に移動し、乗客を降ろすため、同32分過ぎにエンジンを停止させた。
(Yahoo!ニュースより引用)

一歩間違うと大惨事を引き起こしていたかもしれない航空機事故。この事故の原因は?
posted by moneytopic at 22:39| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。