2007年07月23日

日経平均株価が大幅反落。参院選の影響か?

参院選が株価にも影響を与えている模様。参院選で与党が大敗するとの見方も株価の重しとなっている様子で、今後の値動きが気になるところ。


23日の日経平均株価は大幅反落し、終値は前週末終値比194円29銭安の1万7963円64銭で取引を終了。一方、海外市場で急な円売りがあり、対ユーロ円相場が一時、1ユーロ=169円05銭とユーロ導入後初の169円台をつけた。波乱の背景には「参院選で与党大敗を伝えた報道が材料になった」との指摘がある。


公共料金の支払いはクレジットカードの利用がお得
公共料金をクレジットカードで支払うとメリットがいっぱい!
posted by moneytopic at 22:23| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。