2007年02月18日

来週の外為市場、日銀決定会合後の円は荒い値動きに

 来週の外為市場では、円相場の値動きが荒くなりそうだ。20―21日の日銀金融政策決定会合をめぐる市場の見方は二分されたままで、利上げ実施でも見送りでも、結果発表後は値が大きく振れる可能性があるという。決定会合までは思惑がくすぶる形で、ドル/円の上値は重い展開となる見通し。
 米国では利下げ観測も再浮上しており、週半ばから後半にかけて発表される米指標も要注目との声が出ている。
<日銀利上げなら円買い、見送りは円売りに>
 日銀の追加利上げをめぐる市場の見方が会合直前になっても「割れている」(邦銀)ため、正式発表まで円は値動きの荒い展開となりそうだ。週前半は警戒感からドル/円は上値の重さが目立つとともに、報道やうわさに値が振れる可能性もある。
 利上げ実施なら円キャリートレードの巻き戻しなどに伴って、円は買い戻しが強まる見込み。市場ではドル/円の下値めどは、1月安値の117.98円付近とする声が多い。追加的な利上げが見込みづらく円に売り圧力がかかりやすいこと、利上げ観測の強まりを受けて一部で円の買い戻しが既に出始めていることなどから、大きく円高に振れる展開は考えづらいとの指摘が複数出ている。
 利上げ見送りなら、低金利の円には再び売り圧力が強まる。ただ、米国で利下げ観測が再浮上しているため、ユーロや豪ドルなどクロス円で円安が先行するとの見方が多いようだ。
 利上げの有無はもちろん、福井日銀総裁が会合後の記者会見で、今後の利上げ姿勢をどう示してくるかも焦点となる。利上げ実施で円高に振れても「低金利の円を大きく買い上がる理由はあまりない」(外銀)として、追加利上げ姿勢が明確でなければ、円に売り圧力がかかりそうだという。
 来週は旧正月で、中国や韓国、シンガポールなどアジア市場の多くが休場となる。東京市場の取引量も普段より少なめになる可能性があり、値が振れやすくなるリスクを指摘する声もあった。
<経済指標で米金融政策見極め、要人発言にも関心>
 市場では米国の利下げ観測が浮上している。貿易赤字の拡大によるGDPの押し下げや、バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長発言などがきっかけで、米経済指標や要人発言への関心がこれまで以上に高まっている。日銀が利上げに踏み切ったうえで、米国の利下げ観測がさらに強まるようなら、日米金利差の縮小を手掛かりにドル/円の下げが加速する可能性もある。
 米国では、21日に1月米消費者物価指数や1月米景気先行指数が発表されるほか、1月米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録が公表される。同日にはイエレン米サンフランシスコ地区連銀総裁と、コーン米FRB副議長が講演を行う。
(Yahoo!ニュースより引用)

☆巷ではすでに花粉の飛散が始まっているとか。
 今年は花粉の飛散量が少な目とはいえ、ちょっと早すぎですよね。
 花粉症の詳しい情報は花粉症ガイドへ!

 花粉症グッズならこちら
posted by moneytopic at 15:17| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。